アルツハイマー病の治療薬を海外医薬品個人輸入サイトで通販

アルツハイマーの治療薬について

 

老化が進み脳の機能が損なわれてくると起こるアルツハイマーは、かかった患者本人だけでなく、周りの家族にも大きな負担がかかってしまう病気でもあります。

 

どのような病気でも避けれるものなら避けたいですが、アルツハイマーに関しては特にそう願う病気のひとつではないでしょうか?

 

アルツハイマーの治療薬が存在することはあまり知られてはいません。アルツハイマーは脳の神経が阻害されることにより、徐々に進行していきます。脳の状態が変化することも原因の一つと知られていますが、なぜ起こるのかは解明されていません。そのために根治が難しい病気です。

 

ただし、必要な成分を補うことで、今後のアルツハイマーの進行をやわらげる事ができる薬があります。メマンチンという成分を補うことで、今後のアルツハイマーの進行を抑制する働きがあります。

 

メマンチンを含むアルツハイマー治療薬は、個人輸入の制度を利用することにより、海外から取り寄せることができるようになりました。もちろん、まずは医師の診断を受けた上でメマンチンが有効な症状なのかを確認してから投薬するようにしてください。

 

アルツハイマー治療薬の個人輸入

 

アルツハイマー治療薬として個人輸入が認められている商品名は、アドメンタとエクセロンがあります。成分が違うので、人体への作用は変わってきます。どちらを使用するかは、医師に相談するようにしてください。

 

 

エクセロンの方は、海外ではパーキンソン病の治療に既に使用されていることもあり、個人輸入するにしても、信頼して使用することができるのではないでしょうか?実績のあるアルツハイマー治療薬に関しては、その効果が実証済のものに限り個人輸入が認められているので、個人輸入が認められているアルツハイマーの治療薬には、体に害のある成分が含まれているようなものはありません。

 

2020年ごろにはアルツハイマーの症状を持つ、日本での人口が300万人を超えると試算されています。これからの日本はこの問題に直面することは、誰でも想定することができると思いますが、危機感を抱かないのが、日本人の悪い癖ではないでしょうか?誰かが解決してくれるだろうと考える癖がついていると思います。身内がアルツハイマーにかかっていそうなら、迷わずに治療を始めた方がいいでしょう。進行してしまうと、体を動かすことも困難になってきて、日常生活も周りからの手助けがなければこなせないようになってきます。

 

個人輸入サイトの紹介

あんしん通販薬局・ベストケンコー・くすりエクスプレス・ネット総合病院・オオサカ堂

アルツハイマーと記憶力

 

記憶力は誰しもが年齢ともに衰えてくるものですが、忘れてはいけないようなこと、例えば、家族の名前などがアルツハイマーになると覚えていられなくなることもあります。

 

アルツハイマーの進行

アルツハイマーの進行

記憶力は思考力が低下するアルツハイマーは治療することができない病気でもあります。一度発症してしまうと進行するだけで、回復するのは難しいと考えられています。

 

症状が進行し始めると、1年で別人のようになってしまうケースもあります。また、自分自身の日常生活も、介護されないと遅れないようになってくるので、肉体的にも金銭的にも周りの負担が大きいことが、家族へのダメージとなってしまいます。

 

あまりにもアルツハイマーの症状が進行しすぎると、誰かがつきっきりで介護をしないと日常生活も困難なものとなってしまいます。

 

進行のスピードには個人差がありますが、早い人だと3か月ほどで、家族の名前もわからなくなってしまうようです。長年付き添ってきた配偶者でも、誰だかわからなくなってしまうこともあり、その人の介護をする残された配偶者の心痛も鑑みるものがあります。

 

さらに、このようなことは、誰にでも起こることです。通常ではアルツハイマーの進行が進んでから、対応に迫られるものですが、私個人の考えですが、病気や死亡時には保険があるので、アルツハイマーなどにも準備ができるように保管があってもいいのではないかと思います。

 

そうしないと、今後の人生の設計にもアルツハイマー患者を持つ身内にとっては、とても幸せを感じることができなくなってしまうからです。

 

 

 

 

 

更新履歴